函太郎(かんたろう)宇賀浦本店(函館市宇賀浦町/回転寿司)

さすが、道南一の回転寿司屋。
気持ち値段は高いですが納得の味

お疲れ様です。法雅です。

今回は函館のみならず道南でもっとも有名な回転寿司「函太郎(かんたろう)宇賀浦本店」を紹介します。

法雅が5年前、北海道へ転勤してきて痛感したことがあります。

北海道は、回転寿司屋のレベルがちがいすぎる!

東北に住んでいた時は『か○ぱ寿司』とか『小○寿司』を食べていたので、そう思うのは無理もありません。

北海道に来てからは、『鮨処なごやか亭』『根室花まる』『トリトン』など、道内の有名な回転寿司は一通り食べました。
いずれのお店も、店内の雰囲気にちがいはあれど、お寿司は美味しかったです。

函太郎は函館・札幌と東北地方にチェーン展開

函太郎宇賀浦本店玄関前の写真

函太郎は、おもに函館、札幌周辺と東北地方にチェーン展開している回転寿司店です。
店舗数だけで比較しました。(令和2年7月現在 各社ホームページ調べ)

  • 函太郎   21店舗
  • なごやか亭 17店舗
  • 根室花まる 19店舗
  • トリトン  15店舗
  • トッピー  8店舗

このように北海道発の回転寿司店としては、函太郎はもっとも店舗数が多く、積極的にチェーン展開していることがわかります。

今回はそのなかでも本店「函太郎 宇賀浦本店」に訪問しました。
さっそく、その時の訪問記をはじめます。

函太郎 宇賀浦本店へ4度目の訪問

函太郎宇賀浦本店全景写真

お盆休み間近のタイミング、久しぶりに函太郎 宇賀浦本店に訪問しました。

函館までの道中、ふだんであれば道外ナンバーの車が多く見られるのに、今年はほとんど見かけません。
コロナ禍の影響が大きいことを実感しながらお店に向かいました。

さて、そろそろお店が見えるころと思ったら、駐車場に車がたくさん駐まっているのが見えました。

えー!すごく混んでいる。
コロナ禍のなか、ここだけ別世界みたい。

実際に駐車場のなかは、道内ナンバーを中心に、道外ナンバーもちらほら。
さすが函館でランチといえばお寿司を食べたいんだろうなと感じました。

外から中の様子をうかがうと、待合席で待っている人たちが見えます。
しかし、受付をしないことには何も始まりませんので、予約票をもらいに一旦なかに入りました。
そして、順番がきたら電話がかかるように手続きをして、車のなかで待つことにしました。

函太郎宇賀浦本店全景写真2

30分ほど待って電話がかかってきたので、3人で店内に向かいました。

函太郎 宇賀浦本店の店内とメニュー

函太郎宇賀浦本店内部の写真

函太郎 宇賀浦本店の店内

「はい!いらっしゃい!」の元気な声のなか入店しました。

函太郎 宇賀浦本店は、津軽海峡に面してお店が建っています。
ですので、店内の大きなガラス窓から津軽海峡がよく見えます。

函太郎宇賀浦本店内の写真

この日は曇り空でしたので、すこし残念です。

また、梁見せ天井風の店内は、空間がとてもひろく開放的です。

席数はカウンター席は30席ほど。最大6人まで座れるボックス席は8席と、1度に70人は座れます。
この大人数の客に対し、板場(調理場)では5人の板前さんが忙しそうに寿司を握っています。

店内には、聴きなじみのある邦楽が、琴で演奏する和バージョンのBGMがながれています。

座っている間にも、次々と客が入ってきて待合席も埋まり、客は次々と注文をするという、とても活気のある店内です。

函太郎 宇賀浦本店のランチメニュー

函太郎宇賀浦本店メニュー表写真

函太郎にはランチのみのメニューはなく、終日共通のメニューです。

回転寿司ではおなじみの値段ごとの皿。
函太郎では120円から550円まで7種類の皿が用意されています。

函太郎宇賀浦本店皿の写真

函太郎のお寿司の種類はとても多く、スタンダードな寿司から、北海道ならではの寿司、そして函太郎オリジナルの寿司まで多数用意されています。

ちなみに値段ごとのメニュー数を載せました。
品数の多さに驚かれることでしょう。

  • 120円…31品
  • 180円…16品
  • 220円…15品
  • 300円…13品
  • 400円…9品
  • 550円…3品

その他、三昧(三貫)盛り8品、五貫盛り6品、揚げ物、天ぷら、汁もの、デザート、飲み物と、すべての客が満足できる品揃えといえます。

函太郎の寿司は、「函館をにぎる意気込みで寿司と真剣勝負」とのコンセプトのもと提供されています。
取れたて新鮮なネタを大きめに、人肌の温度でにぎったシャリを小ぶりに仕上げているのが函太郎の寿司です。

函太郎 宇賀浦本店のお寿司をいただきます

函太郎宇賀浦本店の注文用紙

では、今回は回転寿司ということで、待つ必要はないのでさっそくいただきます。
回っているのを取って食べるのもよし。にぎり立ての寿司を食べたいときは、注文用紙に書いて板前さんに手渡しします。

今回は食べた寿司のなかから一部、値段の安い順に紹介します。

函太郎の寿司(10品)

函太ロール180円
函太ロール(180円)函太郎オリジナルの巻き寿司です
海老アボガドロール180円
海老アボガドロール(180円)
朝とれ真イカ300円
函館朝とれ真イカ(300円)イカが新鮮でコリコリです
海宝こぼれ巻300円
海宝こぼれ巻(300円)函太郎オリジナルのお寿司です
大甘えび340円
大甘えび(340円)海老がぷりっぷりっ
魚卵三昧360円
魚卵三昧(360円)すじこ・たらこ・とびっこです
サーモン三昧440円
サーモン三昧(440円)サーモン好きにはたまりません
鯛一郎くん400円
鯛一郎くん(400円)愛媛のブランド鯛です
うなぎの蒲焼き550円
うなぎの蒲焼き(550円)
まぐろづくし1,100円
まぐろづくし(1,100円)

函太郎のデザート(2品)

揚げ芋ようかん&函館バニラ300円
揚げ芋ようかん&函館バニラ(300円)
和風スイーツ220円
和風スイーツ(220円)

函太郎 宇賀浦本店は道南一の回転寿司屋。
気持ち値段は高いですが納得の味

函太郎の値段設定は、全国チェーンの回転寿司屋とくらべて気持ち高めだと思います。
それでも、函館のなかでもっとも美味しい回転寿司屋ですので皆さん食べに行きます。

法雅の家では、なにか特別なことがあった時に「函太郎に行こうか」となります。
次回はどういう特別なときに函太郎に訪問するのでしょうか。

函太郎宇賀浦本店のレジ
お会計もスマートですね

今回もたいへん美味しくいただきました。

函太郎 宇賀浦本店(函館市宇賀浦町/回転寿司)
住所:北海道函館市宇賀浦町14-4
電話:0138-32-4455
営業時間:11:00-22:00
駐車場:駐車台数に余裕あります
お店のホームページ:https://www.hk-r.jp/shop/g_kantaro/shop.html

寿司の歴史を簡単にまとめた記事です

仏教用語『舎利』の意味『舎利』(しゃり)古代インド文字(サンスクリット)のシャリーラの音訳。意味は仏様の遺骨のこと。仏様の遺骨の尊さ、白さが白米に例えられるようになったと思われる。仏教用語『舎利』と時事をまじえた法雅のひと[…]

舎利アイキャッチ画像
あわせて読みたい

お疲れ様です。法雅です。法雅が今まで食べ歩いてきた函館市内のランチのお店をまとめて紹介します。実際にお店に行ったときの料理の写真も掲載してますので、これからのお店選びの参考になればと思います。大手サイトと違い、実際にお店に[…]

函館でランチアイキャッチ画像
あわせて読みたい

お疲れ様です。法雅です。今回は函館ってどんな街なのか3点にまとめ紹介したいと思います。函館市は北海道でもっとも南に位置する市で、札幌市、旭川市についで人口が多い中核市です。そして年間500万人の観光客が訪れる道内屈[…]

函館ってどんな街?アイキャッチ画像

函太郎アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!