BIANCHI(ビアンキ)(函館市石川町/ピザ)

正直ピッツァのおいしさには驚いた。
ピッツァをメインに食べるならおすすめの店

一期一会の御縁に感謝。法雅(ほうが)です。
北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。

今回は函館で有名なピッツァのお店「BIANCHI」(本文ではビアンキと書きます)を紹介します。

このお店を知るきっかけは北海道版のミシュランガイドに掲載されていたことです。
ミシュランガイドでは次のように紹介されていました。

函館では珍しいナポリ風ピッツァが味わえる店。もともとイタリア料理のシェフだが、ピッツァは独学、東京で食べ歩き、試行錯誤しながらレシピを完成させた。(中略)一日寝かせた生地はもっちりと焼き上がっている。

参照:ミシュランガイド北海道2017特別版 320頁

なかなか期待をさせる書き方をしてます。

しかし、気になることもあります。
食べログの口コミを見ると「ピザの焼きが足りない」という一部の声がありました。
これは実際どうなのか。食べてみるしかありませんね。

BIANCHI(ビアンキ)へ初訪問

BIANCHI(ビアンキ)お店の外観写真

さて、いつも通りナビにビアンキの場所を登録して向かいました。
どうやら、住宅街のなかにあるお店のようです。

分かりやすく言うと、ツルハドラッグの向かいといったほうがよさそうです。
少し迷いましたが無事たどり着きました。

問題は駐車場ですが、お店の敷地に3台駐められるようになっています。
しかし、1台のスペースがせまいので、駐車にはテクニックが必要です。

軽自動車なら余裕です。

BIANCHI(ビアンキ)入り口の写真
左の大きなドアから入ります

閑静な住宅街の一角に、イタリア風の建物がさりげなく立っている感じはおしゃれです。
大きな木製のドアを開けると「いらっしゃいませ」と聞こえてきました。

BIANCHI(ビアンキ)の店内とメニュー

BIANCHI(ビアンキ)の店内

BIANCHI(ビアンキ)店内写真

さて、女性店員さんに席に案内されると、席のとなりに自転車がありました。「えっ、なんでこんなところに自転車が?」と一瞬思いましたが、そういえばビアンキというイタリアの自転車メーカーがあることを思い出し、それが店名の由来かと気づきました。

もう少し自転車を見たかったんですが、初訪問で不審者だとおもわれると困るのでやめました。

ビアンキの店内は木材をふんだんに使ったもので、全体的に温かみを感じる店内です。
そのなかに、ゆったりとした洋楽がかかり雰囲気もよいです。

ビアンキの店内はわりと広く、オープン厨房側のスペース、日差しがよく入る公園側のスペース、人数が多くても対応可能な奥のスペースと3つのスペースに分かれています。
それぞれのスペースにはフローリングの床だったり、タイルの床だったりとさりげなく違いがあり、店主のこだわりが感じられます。

BIANCHI(ビアンキ)店内写真

今回、法雅たちは日差しがよく入る公園側のスペースに案内されました。
同じスペースで、もう1組の夫婦がランチを楽しんでいました。

コロナ禍の影響からでしょうか、お客は少なく感じました。
かわりにピッツァのテイクアウトをする人が何人か見えました。

ビアンキの店内のもうひとつの特徴は、厨房が広くてオープンなところです。
店主の調理風景が見られ、調理の音が聞こえるところも個人的には楽しいです。

BIANCHI(ビアンキ)のランチメニュー

BIANCHI(ビアンキ)ランチメニューの写真

今回法雅は平日に訪問しましたので、「平日限定ランチ」のメニュー表を用意されました。
おもに2つのランチコースから選びます。

ペアランチ(1人前・税込1,300円)2名~

パスタ・ピッツァ(大25㎝)・サラダ・ドリンク

たとえば、2名なら2,600円(税込)2人でパスタ1皿・ピッツァ(大)1枚をシェアして食べます。
3名以上でも対応可能です。

ピッツァランチ(税込1,200円)

ピッツァ(小20㎝)・サラダ・ドリンク

300円追加で大きいサイズ(25㎝)に変更可能です。

選ぶピッツァは、マルガリータやパンチェッタなどといった定番ピッツァから、期間限定ピッツァ、追加料金が必要な高級ピッツァまで幅広く取りそろえてあり、選ぶのに迷うほどです。

ぜひビアンキに訪問して、多くのピッツァから選んでくださいね。

しかも、ハーフ&ハーフもできてうれしいです。(一部できないピッツァがあります)
さらに、ピッツァの生地は、もちもちのナポリか、パリパリのローマか選ぶことができます。
なお、ローマは30㎝となり、300円の追加料金が必要です。

一方、選ぶパスタは「アサリとキャベツのパスタ」か「ベーコンとホウレン草のパスタ」の2種類から選びます。

パスタの種類は少ないです。

その他、単品パスタ(税込1,200円。300円追加で大盛り可能)や単品デザート(税込200円)、各種ドリンクもあります。

このメニューからしても、ビアンキがいかにピッツァをメインに提供しているお店かよくわかりました。

BIANCHI(ビアンキ)ランチメニュー表の写真

さて、いつものように法雅と妻はなにを食べようか相談しました。
そこで、ピッツァは「イタリア産サラミのロマーナ」と「クアトロフォルマッジ」のハーフ&ハーフ。生地はもちもちのナポリ。
パスタは「アサリとキャベツのパスタ」。ドリンクはホットコーヒーのペアランチに決めました。

これで2人で2,600円ならお得だと思います。
あとは料理の味ですね。ビアンキのランチ、とても楽しみです。

BIANCHI(ビアンキ)注意書きの写真
コロナ禍の対策もしています

BIANCHI(ビアンキ)のランチ料理をいただきます

ペアランチのサラダ

BIANCHI(ビアンキ)サラダの写真

ビアンキは注文してからすぐにサラダが運ばれてきます。
そこから次のパスタが運ばれてくるまで少し時間がかかるので、ゆっくり歓談しながら待ちましょう。

パスタ「アサリとキャベツのパスタ」

BIANCHI(ビアンキ)のパスタ写真

大きなアサリがのったオイルベースのパスタです。
パスタのゆで加減はちょうど良いのに、塩加減がすこしきいていたのが気になりました。

BIANCHI(ビアンキ)パスタ写真

ピッツァ「イタリア産サラミのロマーナ」と「クアトロフォルマッジ」のハーフ&ハーフ

BIANCHI(ビアンキ)ピッツァ写真

イタリア産サラミのロマーナは、辛口サラミ・にんにく・アンチョビ・バジルのピッツァ。味が濃い具材ですが、生地との相性はよく美味しくいただきました。

クアトロフォルマッジは、4種類のチーズを使ったピッツァ。チーズがのびて、見た目も味もよかったです。

BIANCHI(ビアンキ)ピザカッターの写真
このピザカッターで簡単に切れます

ビアンキのピッツァは、焼き加減がよく、生地がもちもちで絶妙なやわらかさ。生地だけでも美味しくいただけるはずです。

決してオーバーではなく、法雅史上もっともおいしいピッツァです。

BIANCHI(ビアンキ)ピッツァ写真

ドリンク「ホットコーヒー」

BIANCHI(ビアンキ)コーヒーの写真

ビアンキのピッツァのおいしさには驚いた。ピッツァをメインに食べるならおすすめの店

今回ビアンキに訪問するまでは、ピザを出すイタリアンのお店かとイメージしていましたが、実際訪問してランチをいただくと、ビアンキはピッツァをメインに提供するお店だということがわかりました。

それだけビアンキの店主にはピッツァに対するこだわり、そして自信があるのだと思います。

たしかに店名の前に「Pizza and…」と書いてあるとおりです。

帰りの会計の時、女性店員にビアンキの正式な名前は「ビアンキ」か「ピザ アンド ビアンキ」のどちらか質問したら、「ビアンキで大丈夫です」と答えがかえってきました。

BIANCHI(ビアンキ)看板の写真

BIANCHI(ビアンキ)。覚えましたよ。
今度訪問したら、なぜビアンキという店名にしたのか聞いてみます。
やっぱり自転車からかなぁ。

今回もたいへん美味しくいただきました。

BIANCHI(ビアンキ)(函館市石川町/ピザ)基本情報

住所:北海道函館市石川町316-4
電話:0138-47-0077
営業時間:
昼11:30-15:30(L.O14:30)
夜18:00-22:00(L.O21:00)
定休日:月、第1火曜日(月祝日の場合は翌火曜日)
駐車場:店舗前に3台
お店のホームページ:見当たりませんでした

本当にランチにおすすめなのは、この店!

おすすめ店だけの紹介です

一期一会の御縁に感謝。法雅(ほうが)です。北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。今回は、「本当におすすめ」な函館市内のランチのお店を紹介していきます。[…]

函館ランチおすすめ アイキャッチ画像

函館のことを3分で知りたい

あわせて読みたい

一期一会の御縁に感謝。ランチ和尚の法雅(ほうが)です。北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。今回は函館ってどんな街なのか3点にまとめ紹介したいと思います。函館[…]

函館ってどんな街?アイキャッチ画像

羽田空港公式オンラインショップ!

函館deランチ関連記事

函館駅前周辺deランチ「せっかく函館に来たんだから食べてって」

函館五稜郭・本町周辺deランチ「道南一の繁華街でグルメも楽しんで」

函館ベイエリア周辺deランチ「赤レンガ観光ついでにランチも楽しんで」

『函館deランチ』洋食ならこの店で決まり!【ランチ予算の安い順にご紹介】

『函館deランチ』カフェならこの店で決まり!【ランチ予算の安い順にご紹介】

【すべての訪問記】訪問したお店を1つにまとめてみました

ビアンキアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!