三八飯店 長万部店(長万部町/ラーメン)

浜ちゃんぽんは、噴火湾のめぐみのラーメン

『浜ちゃんぽん』の赤い看板

一期一会の御縁に感謝。ランチ和尚の法雅(ほうが)です。
北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』番外編。
今回は長万部町にあるラーメン店「三八飯店 長万部店」を紹介します。

函館から札幌まで、北海道の道南を縦断する国道5号線という道路があります。

浜ちゃんぽんの赤い看板の写真

その国道5号線を走り、長万部町にはいると突如『浜ちゃんぽん』と書いた大きな赤い看板が見えてきます。

お腹をすかせたドライバーたちが、まるで吸い込まれるように次々と駐車場に入っていきます。

事務の打合せで長万部町を訪問しましたので、三八飯店に行きました。

2年前にも食べたことがあるので2回目の訪問です。

でも、食べたいメニューは最初から決めていました。
前回も食べた『塩味浜チャンポン』。
これです。法雅のなかでは、これ一択でした。

三八飯店はメニューが豊富

三八飯店は、飯店ですのでラーメンだけではなく、焼きそば、チャーハン、カレーライスなどメニューはいろいろあります。

ですが、お店の看板メニューは2つ『塩味浜チャンポン』と『名物あんかけ焼きそば』です。

三八飯店メニュー表

席に座る前に券売機で迷うことなく『塩味浜チャンポン』(990円)のボタンを押し、『名物あんかけ焼きそば』(940円)のボタンを押した同行者と席に着きました。

三八飯店の浜ちゃんぽん、いただきます

塩味浜チャンポン(990円)

浜ちゃんぽんの写真

来ました。
大ぶりのどんぶりに、たっぷりの海鮮がはいったラーメンです。

大きいイカがゴロン。エビもゴロン。ホタテ、ホッキ貝などの貝もゴロン。わかめがドサ。麺は中太麺。スープを飲むとすっきりとした塩味。

まるで長万部町に面する噴火湾の海の幸をそのままラーメンにした、海のラーメン。
今回もおいしくいただきました。

名物あんかけ焼そば(940円)

あんかけ焼きそばの写真

同行者が注文した『名物あんかけ焼きそば』は、レギュラー(中盛)でも直径40センチはあろうかと思われる大皿にあんかけ焼きそばが盛ってあります。

奥に見えるあんかけ焼きそばがスモール(小盛)です。

三八飯店は、長万部を通過する人の胃袋をみたすお店

大変美味しくいただきました。

帰り際、近くにある『はっぴーディアーズ』によりました。
『はっぴーディアーズ』の記事が読めます

三八飯店 長万部店の基本情報

住所:北海道山越郡長万部町中の沢56-1
電話:01377-2-5180
営業時間:10:30-20:00
定休日:月曜日
駐車場:多くの台数が駐車できます
お店のホームページ:https://www.osyamanbe-kankou.jp/syousai/sanpachi.html

このサイトは次の企業様と提携しております。

本当にランチにおすすめなのは、この店!

おすすめ店だけの紹介です

一期一会の御縁に感謝。法雅(ほうが)です。北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。今回は、「本当におすすめ」な函館市内のランチのお店を紹介していきます。[…]

函館ランチおすすめ アイキャッチ画像

函館deランチの関連記事

函館駅前周辺deランチ「せっかく函館に来たんだから食べてって」

函館・五稜郭周辺deランチ「道南一の繁華街でグルメも楽しんで」

函館ベイエリア周辺deランチ「赤レンガ観光ついでにランチも楽しんで」

『函館deランチ』洋食ならこの店で決まり!【低予算順にご紹介】

『函館deランチ』イタリアンならこの店で決まり!【低予算順にご紹介】

『函館deランチ』カフェならこの店で決まり!【低予算順にご紹介】

【すべての訪問記】訪問したお店を1つにまとめてみました

三八飯店アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!