函館まるかつ水産 本店(函館市豊川町/回転寿司)

函館の海の幸を、回転寿司で気軽に味わうにはもってこいのお店

「一期一会の御縁に感謝」ランチ和尚の法雅(ほうが)です。
北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ和尚が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画【函館deランチ】。

今回は函館のベイエリアにある回転寿司店「函館まるかつ水産 本店」を紹介します。

函館といったら海の幸。久しぶりにお寿司屋さんへ行こうと思いネットで調べてみたところ、「そういえば、このお店。レンガ倉庫を通るたびに見るけど行ったことないな」と思うお店がありました。

それが今回訪問する「函館まるかつ水産 本店」です。

グルメサイトの口コミを見ると、都会から来た観光客には「うまい・安い」と好評ながら、一方では「味は普通・すこし高い」といった意見もあります。

実際はどうなんでしょうか。

食べてくればわかりますよね。

それでは、函館まるかつ水産 本店の訪問記はじめます。

函館まるかつ水産 本店へ初訪問

まるかつ水産外観写真

連日記録的な猛暑の北海道。こう暑いとたまにはお寿司なんていいですね。

今回も午前中から函館で用を足し、11時30分の開店時間前に函館まるかつ水産 本店に着きました。

まるかつ水産駐車場写真
はこだて海鮮市場隣の駐車場

駐車場は、はこだて海鮮市場本店のとなりの駐車場に駐めました。
道の向かいが回転寿司屋なので、ここがもっとも近い駐車場だと思います。

1,000円以上食べると1時間の駐車料金が無料なのでお得です。

まるかつ水産外観写真2

函館まるかつ水産 本店は、ラビスタ函館ベイのとなり「函館ベイ美食倶楽部」のなかにあるお店です。

函館ベイ美食倶楽部は、ラーメンやジンギスカンなど北海道・函館の味覚がここだけで楽しめる複合施設となっています。

櫓(やぐら)風の看板が目印です。

函館まるかつ水産 本店は、老舗鮮魚店直営の回転寿司店

まるかつ水産の入り口写真
函館まるかつ水産 本店入り口

函館まるかつ水産 本店は、「はこだて海鮮市場」を運営する老舗鮮魚店直営の回転寿司店です。

日々入荷する函館ならではの地魚や珍しい魚を探しに店長も市場へ足を運び、お客様に思う存分楽しんでもらえるネタを取り揃えています。

出典:『函館まるかつ水産』函館まるかつ水産のこだわり

ですのでネタの鮮度はバツグンです。

11時30分の開店と同時に入店しました。

函館まるかつ水産 本店の店内とメニュー

函館まるかつ水産 本店の店内

まるかつ水産の店内写真

「いらっしゃいませー」の元気な挨拶が聞こえ、席まで案内。そして荷物入れのカゴをセットしてくれました。

函館まるかつ水産 本店の店内は、寿司屋らしい和風の店内で、1度に80人は座れる広い店内です。

BGMは邦楽と洋楽のポップスです。

ポルノグラフィティが流れたと思ったら、洋楽。すこし珍しいですね。

開店当初は数組だったお客が、正午ころには席の3割ほどがうまりました。
ぱっと見、観光客7割、地元客3割といった感じでした。

まるかつ水産の店内写真2

調理場では板前さんが次々と寿司をにぎって、レーンに流しています。

よく見たらダブルレーンだ。これはめずらしい。

函館まるかつ水産 本店のランチメニュー

まるかつ水産メニュー表

函館まるかつ水産 本店にはランチのみのメニューはなく、終日共通のメニューです。

まるかつ水産値段表の写真

回転寿司ではおなじみの値段ごとの皿。
このお店では税込137円から税込847円まで9種類の皿が用意されています。

函館まるかつ水産 本店のお寿司の種類はなかなか豊富です。
お店の公式サイトから、各皿の品数を調べました。
『函館まるかつ水産 本店』メニューはこちら

  • 137円…納豆巻、ほか10品
  • 192円…かにみそ軍艦、ほか7品
  • 242円…キングサーモン、ほか8品
  • 297円…真だい、ほか9品
  • 407円…しまあじ、ほか15品
  • 517円…ずわいがに、ほか6品
  • 627円…本まぐろ中トロ、ほか8品
  • 737円…活あわび、ほか2品
  • 847円…本まぐろ大トロ、ほか3品

お寿司はその他、本日入荷したネタがあります。

また、天ぷらや揚げ物、サラダ、刺し身、酒のつまみといった一品料理も充実しています。

お酒を飲む方におすすめなのは、北海道のビール『サッポロクラシック』のみならず、函館山の地下水をつかった地ビール『はこだてビール』が味わえます。

まるかつ水産タッチパネルの写真

これらのメニューを、各席に用意されているタッチパネルで注文できるので、とても簡単です。

函館まるかつ水産 本店のお寿司をいただきます

今回2人でいただいたお寿司を値段の安い順番で紹介します。

なお、一品一品の感想は書かず、最後にまとめて全体の味の感想として書きます。(値段はすべて税込です)

ほっき小柱の軍艦(137円)

ほっき小柱の軍艦の写真

ほっきひもの軍艦(137円)

ほっきひもの軍艦の写真

納豆巻き(137円)

納豆巻きの写真

サーモン(192円)

サーモンの写真

しめさば(297円)

しめさばの写真

あじ(297円)

あじの写真

生簀(いけす)いか(407円)

いけすいかの写真

まぐろ赤身(517円)

まぐろの赤身の写真

ずわいがに(517円)

ずわいがにの写真

日替り特製五貫盛り(1,551円)

日替り特製五貫盛りの写真

きんき・黒ぞい・しまあじ・サメガレイ・生うに軍艦の5点です。

赤身がないと色映えがしないのが少し残念。

全体の味の感想は、ふつうです。

ただ、法雅は北海道にきて6年経ち、地元の食材を食べ慣れたこともあり、その上でふつうに食べれたという意味です。
それだけ北海道の回転寿司のレベルは高いと理解してくださると助かります。

函館まるかつ水産 本店は、函館の海の幸を、回転寿司で気軽に味わうにはもってこいのお店

まるかつ水産会計の写真
お会計はセンサーでピピピ。明朗会計です

今回初めて「函館まるかつ水産 本店」を訪問しました。

そもそも函館でも屈指の観光名所・赤レンガ倉庫に出店しているこのお店の目的は、函館へ観光にきた方に函館の海の幸を食べてもらうことだと思います。

グルメサイトで多くの方が、「美味しかった・値段も安かった」と評価しているのですから、ある意味目的は果たしているといえます。

また、法雅の個人的な考えですが、極上の寿司が食べたいのなら「回らない寿司屋」に行くことをおすすめします。
函館でも寿司の名店はいくつもあります。

回転寿司店と回らない寿司店。用途やシーンによって使い分ければよいと思います。

今回もたいへん美味しくいただきました。

函館まるかつ水産 本店(函館市豊川町/回転寿司)の基本情報

住所:北海道函館市豊川町12-10
電話:0138-22-9696
営業時間:
昼11:30~15:00(L.O14:30)
夜16:30~20:30(L.O20:00)
定休日:水曜日
駐車場:駐車台数に余裕あります
お店のホームページ:https://www.hakodate-factory.com/marukatsu/

このサイトは次の企業様と提携しております。

近くにあるランチのおすすめ店が知りたい

ベイエリアのランチ

一期一会の御縁に感謝。法雅(ほうが)です。北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。この記事をご覧になっている方は、地元の方よりは、観光や出張で函館に訪問した方の[…]

函館ベイエリアランチアイキャッチ画像

本当にランチにおすすめなのは、この店!

おすすめ店だけの紹介です

一期一会の御縁に感謝。法雅(ほうが)です。北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。今回は、「本当におすすめ」な函館市内のランチのお店を紹介していきます。[…]

函館ランチおすすめ アイキャッチ画像

函館のことを3分で知りたい

3分で読めます

一期一会の御縁に感謝。ランチ和尚の法雅(ほうが)です。北海道・道南に住み始めて6年目のアラフィフ住職が、函館のランチのお店を紹介するシリーズ企画『函館deランチ』。今回は函館ってどんな街なのか3点にまとめ紹介したいと思います。函館[…]

函館ってどんな街?アイキャッチ画像

函館deランチ関連記事

函館駅前周辺deランチ「せっかく函館に来たんだから食べてって」

函館五稜郭・本町周辺deランチ「道南一の繁華街でグルメも楽しんで」

函館ベイエリア周辺deランチ「赤レンガ観光ついでにランチも楽しんで」

『函館deランチ』洋食ならこの店で決まり!【低予算順にご紹介】

『函館deランチ』イタリアンならこの店で決まり!【低予算順にご紹介】

『函館deランチ』カフェならこの店で決まり!【低予算順にご紹介】

【すべての訪問記】訪問したお店を1つにまとめてみました

まるかつ水産アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!