『本格焼酎 喜多里』

お疲れ様です。法雅です。

今回は北海道の本格焼酎『喜多里』(きたさと)を紹介します。

焼酎は九州が主な生産地

焼酎の生産地ときくと九州地方を思い浮かべる方がいると思います。

そもそも焼酎の原料は穀類や芋です。
多くの原料が生産されることが生産地の条件のひとつでもあります。

米焼酎の主要生産地は熊本県の人吉で、地方名により「球磨(くま)焼酎」といわれます。

麦焼酎は最初長崎県で生産され「壱岐(いき)焼酎」と言われました。
近年では大分県でも生産に力をいれ「大分麦焼酎」として有名です。

芋焼酎は鹿児島県と宮崎県が主な生産地です。
原料となるサツマイモは2つの県で日本国のおよそ半数を収穫することからも芋焼酎が多く作られる要因です。

その他、黒糖焼酎やそば焼酎などあり、とくに近年では醸造技術の向上のおかげで日本全国でいろいろな焼酎が作られています。

六趣の写真

法雅もいろいろな焼酎をいただいたりしますが、以前、青森県六ヶ所村で作られている長芋焼酎『六趣(ろくしゅ)』をいただいた時は、こんな焼酎もあるのかと驚きました。

北海道での焼酎製造の歴史

今回『喜多里』を紹介するにあたり、製造している札幌酒精さんのホームページで勉強させていただきました。

ここではその内容を平たくお伝えします。
もし知識を広げたい方はこちらの札幌酒精ホームページをご覧下さい。

北海道での焼酎製造は昭和初期にさかのぼります。
当時の北海道は農業の豊作にくわえて、ニシンをはじめとする水産業もさかんで、それにともない酒類の消費が大きく増えました。

また道内では作りすぎて捨てられるジャガイモが大量にあり、これを焼酎の原料に使えないか模索が始まりました。

これは同時に、原料の現地調達により原価を下げるのみならず、北海道の農業振興にも貢献できることから道内に新規の焼酎製造所をつくることを後押ししました。

旧工場の写真

昭和8年10月「札幌焼酎株式会社」を設立、翌年には難工事のすえ工場を建設しました。

その後多くの困難をのりこえ事業を拡大。昭和20年1月「札幌酒精工業株式会社」に社名を変更しました。
その後も時代に翻弄されながらも様々な商品をヒットさせ現代にいたっています。

札幌酒精会社の写真

純北海道産の焼酎『喜多里』

今回紹介する『喜多里』は札幌酒精のなかでも主力商品のひとつです。
「喜び多きふる里は、北海道にあり」の意味をこめたネーミングがとても良いです。

喜多里は現在、芋焼酎・じゃがいも焼酎・昆布焼酎・麦焼酎の4種類展開をしています。

とくに芋焼酎は、北海道では栽培は不可能とされたサツマイモ「黄金千貫(こがねせんがん)」の栽培に試行錯誤のすえ成功させました。

黄金千貫の写真

2006年には道南の厚沢部(あっさぶ)町に新工場を建設し本格操業しています。

見に行ってきました。畑のなかにとても大きな工場がたっています。

喜多里工場の写真①
喜多里工場の写真②

その後は、「メークイン発祥の地」厚沢部町産のじゃがいも「メークイン」を使ったじゃがいも焼酎

また函館市南茅部産の昆布をつかった昆布焼酎

そして今金町で栽培された二条大麦をつかった麦焼酎と、いずれも地元の生産者と協力してつくられた純北海道産の焼酎です。

芋焼酎 喜多里

ラベルの写真

芋焼酎で使われるサツマイモ「黄金千貫」を道内で栽培収穫しています。
芋の豊かな香りと風味、口当たりのやわらかな飲みやすい焼酎です。
鹿児島の焼酎と飲み比べても楽しめることでしょう。

じゃがいも焼酎 喜多里

メークインの写真

道南の厚沢部町は「メークイン発祥の地」としても知られています。
地元でとれるメークインをつかった焼酎は芋の香りと口当たりのやわらかな飲みやすい焼酎です。

昆布焼酎 喜多里

真昆布の写真

古くは朝廷への献上品だった真昆布。
まさに南茅部産の上質で肉厚な真昆布のことです。
昆布の風味とすっきりとした飲み口が特徴の焼酎です。

麦焼酎 喜多里

二条大麦の写真

道南の今金町は清流としてしられる後志利別川流域に農地がひろがる町です。
この今金町でつくられる二条大麦を厚沢部町の自社工場で精麦してつくっています。
スッキリとドライな飲み口と、やわらかく軽い香りに仕上げた焼酎です。

あわせて読みたい

北海道のお土産といえば『白い恋人』や『ロイズチョコレート』など有名なお菓子があります。でも北海道はとても広く種類は豊富、まだまだお土産として紹介したい商品があります。とくに今回はアラフィフ世代の観点から選んだ、定番ではないけれども[…]

お土産10選アイキャッチ画像

喜多里紹介画像
最新情報をチェックしよう!